京都市内、府内、府外への引越しはどの業者が安い?

このサイトで書いている引越し料金とは引越し業者の費用を指します。少しでも引越し料金を抑えたいと思えば、引越会社への料金以外はかかりません。 引越会社の料金以外に考えられる引越し料金とは、ご近所への挨拶回りの際の粗品購入や、引越会社の作業員への心付けもなどですが、これらの料金は必須ではありません。 このことから、引越し料金とは基本的に引越会社の料金のみです。

kyoto0 (5)

 

引越し料金には高い時期、日があるって本当?

さて、引越会社の料金は、曜日、移動距離、開始時間の3つによって決まります。 具体的に言いますと、平日の引越しか週末の引越しか、朝の引越しか午後からの引越しか、近場への引越しか遠方への引越しか、これらの3点が料金決定のポイントとなります。 どうしても引越会社の料金を低く抑えたいとお考えでしたら、平日に、午後から、近場への引越しをするのが最も安いパターンです。 逆に週末の朝一番で遠方に引っ越す場合は、最も高いパターンとなります。週末の土日の比較では土曜日の方が高いのが一般的です。 また、近場というのは、通常は同市内、同区内を指し、遠方というのは、高速道路を利用しないと移動時間が3~6時間くらいかかってしまうような目的地を言います。 あとは、これらの3つのポイントに引越会社の予約状況を兼ね合わせて最終的な料金が決まります。

kyoto0 (6)

引越会社では、土曜日の朝一番の便から予約が埋まっていきますので、必然的に値引き交渉にはほとんど応じてもらえないと思います。 逆に平日であれば、多少遠方でも、同市内、同区内の料金で受けてもらえることもありますし、朝一番の便でも午後の料金で作業をしてもらえることもあります。 平日では、月曜と金曜が高めです。なぜなら、月曜か金曜に有給休暇をとれば週末と合わせて3連休となるので、多少料金が安くなるのであれば、 有給を取りますというお客様が結構いるからです。平日でも、特に安いのは火曜、水曜、木曜日です。この3日間は引越し日の前日でもトラックが余っていることがあります。 当然、料金交渉ではお客様が優位に立てます。どうぞ参考にしてください。

引越し業者の料金を比べてみれば分かる!

もしかしたら、あなたがご存知ない可能性もありますので最初に申し上げておきますね。

引越し業者によって同じ距離・同じ荷物量によって随分と価格が違うんです!

kyoto0 (2)

今ではこういうことが広く知られるようになって来ましたが、それでもある程度の年齢以上の方は未だに知らない方も多いです。ですので重要なことなので赤字で書いてみました。

ちなみに見積もりレベルで業者によってどのくらいの金額の違いがあったのか? 私の経験を述べさせていただくと最安10万円、最高35万円の見積もり上の違いがあったことがあります。どうでしょうか、かなりの金額差ですよね。間違っても「引越し業者はどこでも同じ」なんていう考えをお持ちであれば今すぐ捨ててください。

では同じ会社であれば、たとえば以前、日通を頼んだけど安かったとか、アート引越センターと使ったけれど安かったから、という経験からまた同じ業者を利用しようとする人も多いと思います。しかし!

同じ業者であってもその時々の季節や日取り、タイミングで料金が変動します!

ということも覚えておいてください。代表的なところでは春の混雑するシーズンには価格が上昇すること、土日祝祭日には高い料金体系に設定されていること、などがあります。この事実を称して「引越し相場」と言われたりもしますよね。これは例えばお役所などの公務員などの場合は忙しい時期に合わせて職員を雇っているわけですが、一般企業では暇な時期に合わせて正社員を雇っています。なので忙しい時期には臨時職員やアルバイトを補充しますので人件費が上乗せされるのですね。また運送用のトラックなども忙しい時期には手配することになるので、こういうコストも引越し料金に上乗せされることになり、通常よりも引越し費用がかなり掛かることになるのです。

さて、じゃどうすれば良いの?ということになりますが・・・一番安い引越し業者を見つける最強の方法は

引越し一括見積もりサービスを利用して、引越し予定日の引越し業者の見積もりを一気にたくさん取得して比べてみる!

コレに優る方法はありません。

kyoto0 (4)

 

無料で使えるサービスで簡単に複数の見積もりを取ることができます。

当サイトでは誰でも簡単に引越し料金を比較して安い業者を選ぶことができる引越し一括見積もりサービスをご紹介しています。消費者にとってこれほどメリットいっぱいのサービスがこれまでに存在したでしょうか?。画期的なサービスなのです。

 

かなり費用が掛かるのが引越しです。引越し相場と言われる通り高い時期や日があったりしますので予定日の見積もりを取り寄せて自分の目で比較する必要があります。

コメントは受け付けていません。